申込時に必要な書類

人気ランキングはこちら≫≫≫


申込時に必要な書類

電話番号貸出や、フリーダイヤル受付を悪用されるケースがあるため、電話代行サービスを利用する際には、様々な書類の準備が必要になります。
業者やサービス内容によって多少の違いはありますが、法人として電話代行サービスを利用する場合は、登記簿謄本と代表者の免許証か保険証のコピーが必要です。
これら公的書類により、法人として運営されている事の証明と、法人格で契約する事の手続きになるのです。

個人で電話代行サービスを利用する場合は、住民票と免許証のコピーが必要です。
住民票を必要としない業者もありますが、現住所が確認できる免許証や保険証などの提示は必須条件となるでしょう。

電話代行サービスは業務の形態上、企業や個人に不利益をもたらし悪用される恐れが強いため、慎重に本人確認を行った上で契約をするようになっています。
契約時には面倒に感じてしまうかもしれませんが、安心して利用していくためにも必要書類を提出して本人確認を行っていきましょう。

本人確認書類とは?

契約にあたり、本人であることが確認できる書類の事です。
健康保険証などのような公的書類であっても、本人の写真が添付されていない証明書では、本人確認書類として認められないケースが多くあり、一般的には運転免許証が利用されています。
運転免許証がない場合は、顔写真が添付されているパスポートで代替できる事もあります。
その他には、外国人登録証明書、児童基本台帳カード、官公庁発行書類等で氏名・住所・生年月日の記載があり、顔写真が発行されているものも代替できる場合があります。

電話転送サービスに必要な書類

電話転送サービスだけの利用には、特に公的書類を準備する必要はありません。
申込用紙に必要事項の記入をするだけでよいでしょう。
NTTのボイスワープに加入することが必要になる場合は、携帯電話の名義人と一致する身分証明書を用意しておきましょう。
ボイスワープの申込には、個人の場合ですと保険証や運転免許証、法人の場合ですと登記簿謄(抄)本などが必要になります。

ランキング

CUBEの電話代行サービス

1位

電話対応にお困りの方をお手伝いしてくれるCUBEの電話代行サービスは大切な連絡を逃さない安心の電話代行サービスです。

おすすめポイント

  • 新規顧客をばっちり掴む
  • 固定客をしっかり守る
  • 英語にも対応

さらにCUBEの電話代行サービスについてもっと詳しく解説!≫≫≫


セントラルアイ

2位

セントラルアイは日本全国24時間365日対応の安心の電話代行サービスです。

おすすめポイント

  • 24時間対応
  • 365日対応
  • 日本全国対応

オフィスジャパン

3位

オフィスジャパンはトータルに電話代行サービスを提供してくれるおすすめの電話代行サービスです。

おすすめポイント

  • 一日秘書代行
  • 独立開業・仮設営業所設置

電話代行サービスの基礎知識

電話代行サービスの基礎知識お申込み、契約

電話代行サービスの口コミ・評判

電話代行サービスの基礎知識

基礎知識お申込み、契約

電話代行サービスの口コミ・評判